抜刀道の持つ意味 

初代宗家 中村泰三郎

抜刀道とは「真剣斬りの道」である。神秘を秘めた世界に比類なき魅力をもつ日本刀によって、実際に「物体を斬る道である。」

剣の道は、もともとは「人を斬る」ことを目的として、この国で生まれ、そして育ってきた。太古の昔から江戸時代の初期まで、剣の目的は敵を斬る以外なかった。

 江戸幕府が成立して日本列島に平和の時代が到来すると剣の目的は「人を活かす」「自己を守る」「自己の精神と肉体の錬磨」といったように「殺人剣」から「活人剣」へと変化する。しかし幕末の争乱、明治大正昭和の戦争の時代が到来すると、剣は再び活人剣を捨てて「殺人剣」に変化していく。剣は常に時代に即応
して生きてきたのである。

 大東亜戦争が終わって平和が訪れ、科学の発展によって日本刀が武器としての価値を失った時、剣の道は有史以来の変貌を遂げた。
 「殺人剣」でも「活人剣」でのなく、剣は単なるスポーツに大変身したのである。剣は武道でなくスポーツに衣替えをした。
 剣が単なるスポーツに変わってもそれはそれなりの価値を持つ。肉体と精神の錬磨に最上のスポーツとなり得るからだ。

 しかしここに大きな問題が残る。肉体と精神の錬磨だけが目的なら、野球やマラソンとかわるところはない。剣の道には剣の道としての存在価値があるはずである。その特有の価値とはなんであろうか?。剣の道は生死を明らかにするのが目的である。
 剣道も居合道もその核心に「真剣斬り」がある。この真剣斬りを根底として剣道・居合道は進化してきた。本質を捨てては存在価値は軽くなる。

 真剣斬り、すなわち抜刀道は人を斬るために必要なのではない。人を殺すための武器としては、いうまでもなく日本刀はもはや時代遅れである。

 現代の抜刀道は人間が対象でなく生命なき物体が対象である。そして、抜刀道精神と肉体の統一集中の錬磨にとって、他の方法では代用のきかない極めて特異な価値を備えているのだ。

 日本刀を手にした者はその霊気に心うたれる。このことは西洋の刀や肉斬り包丁を手にしたときとは異なる感覚である。手にする者の魂に迫るものが日本刀に密んでいる。そしてこの上なく鋭利で危険なことから、手にする者は粛然たる緊張感にとらわれる
そして、心や技にいささかの乱れがあっても真剣斬りの結果にそのまま差がでてしまう。絶対の注意が必要なのである。
一切の理屈はいらない。先ずは実行しなくては、日本刀精神の目的は達しない。
精神と肉体の統一集中の錬磨にこれ以上の道はない。

 一方、剣道の発展のために抜刀道はどのような意味持っているであろうか。剣道は真剣斬りを心核とする。心核を無視して本物の剣の道の奥義に達し得ないことはいうまでもない。

また、剣の道は古来、たくさんの名言を現代に遺している。
  「無我の境」 
  「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」
  「気位の大事」

いずれも白刃の下で体得された極意であり、同時にこれは、かけがいのない処世の極意といえる。
しかし、これらの名言の真実の重みは、白刃と相対した者でなければわかりにくい。極端にいえば、その真実の重みは、真剣勝負を体験してはじめて理解できる。

しかしながら、斬るか斬られるかの真剣勝負は現代では経験するチャンスはない。もちろんチャンスがあるようでは困る。いえることは、せめて真剣を握ることで命の瀬戸際に立った人間の真実と、対処する極意のなんたるかを想像で知るほかないということだ。

 いかにすれば人間は極限の才能を発揮できるか?これは真剣勝負の世界だけが教えてくれるだろう。


真剣を握っての剣道・居合道の世界で演ずる「形」の現代的意味は、先人が真剣勝負で得た極意の境地を追体験するところに、目的の一つがある。特に真剣によって物体を実際に斬る「抜刀道」において、一層その趣が深いのである。
 要するに抜刀道はかけがえなき、精神と肉体の統一集中の錬磨であり、剣道・居合道の心核であり、処世の極意の開眼につながるものといえる。


------中村泰三郎著書  「日本刀精神と抜刀道」より抜粋----





****